任意整理の流れ

債務者が任意整理をする必要を感じたら、まずは弁護士や司法書士といった法律の専門家の元を訪ねるところから始めます。インターネットや書籍などで、債務をどうにか整理しようと調べてみると、様々な債務整理の方法が出てくると思いますが、その中から任意整理を選択した場合には、必ずどのサイトや書籍でも、自分で行なうとデメリットが大きいと解説されていると思います。それはその通りなので、まずは弁護士や司法書士などの専門家に依頼することから始めます。
弁護士や司法書士のもとへ債務の相談に行き、任意整理を進めていくことを決めたら、債務者は包み隠さず、今ある債務の状況や取引状況、金銭状況を伝えるようにしなければなりません。恥ずかしいという気持ちや、何かしらの後ろめたい気持ち、隠しておきたい気持ちもあるかと思いますが、債務状況はきちんと話しておかないと、任意整理に都合が生じるばかりでなく、最悪任意整理が進められない状況に陥ることもあります。
自分の債務状況について、弁護士や司法書士などに話をしたら、債務者は基本的にすることはありません。弁護士や司法書士が行なう任意整理の結果を待つのみです。
弁護士や司法書士は、依頼人である債務者からの報告を受けて、任意整理の手続きを開始します。まずは、弁護士や司法書士が債権者に、任意整理を行なうことを依頼され、これから開始する旨の通知を出します。これを受任通知といいます。この受任通知を持って、債権者は債務者に対して、電話や郵便物、メールといったどんな方法であっても、債権の取立てを行なうことはできなくなります。債務者にとっては、債権者からの取立てが一斉にすべて止まったと感じることでしょう。続いて弁護士や司法書士は、債務者からの報告にあって、任意整理を行なうことに決めた負債に関して、取引上履歴を金融会社から取り寄せます。個人の場合は、絶対といっていいほど、この取引履歴の開示には応じてくれないことでしょう。

そして取引履歴が弁護士や司法書士の手元に渡ったら、いよいよ任意整理の中でも気になることのひとつである、債務の減額後の金額はどれくらいになるかを計算します。この計算方法とは、借り入れを行なった元本にかけられている利率に注目しています。多くの場合、元本に欠けられた利率は高いものに設定されています。ですから、債務者は利息の支払いに苦しんでいるという状況にあることも考えられます。そのため、弁護士や司法書士は、利息制限法という法律に則って利率の変更をし、債務を計算しなおします。銀行からの借り入れだとあまり変わらないのですが、消費者金融など一般の金融会社からの借り入れを行なっている場合は、この利率の計算し直しを行なうことで、債務をぐっと圧縮できるようになることが多くあります。このような、利息上限法に基づく利率の変更方法を、利率の引き直し計算と呼びます。引き直し計算をした結果、利息を多く払いすぎていることがわかったら、その払いすぎた利息分を元本の返済に充てます。そして、任意整理後の利息はカットするよう、債権者と交渉します。その交渉が成功し、和解が成立したら、その金額が、今後債務者が支払っていくべき債務ということになります。この利息の引き直し計算と、それに伴って生じた利息の払いすぎ分を元本の返済に充てるということ、その後は利息をかけないということによって、債務が圧縮できるようになっています。

そしてそれを元に、弁護士や司法書士が返済期間を、約3年を目安に決め、毎月の支払額も決めます。任意整理もここまで進んだら、後は債務者が責任を持って、決められた期間中、決められた額をきちんと納めていくことです。

recommend

はなここのブログ

Last update:2017/9/12